顔に自信を持つ

人と頻繁に顔を合わせる職業、例えば販売員やキャビンアテンダントの方が自分の歯を失った場合、インプラント治療を受けるケースは多くなっています。この治療の良い所は、自然の歯と見た目が同じ仕上がりを得られ、機能的にも自然の歯同様だという事です。 インプラント治療を行う歯科医は年々増えており、今やこの治療を行っていないクリニックの方が少ないくらいです。そして、この治療を行う歯科医は大きく2つに分けられます。年間いくつの症例をこなしているかで見てみると、100症例以上という歯科医は全体の10パーセント程度なのです。症例を数多くこなしている歯科医の方が症例数の少ない歯科医より治療ミスが少なく、予後も良いのは言うまでもありません。

年間の症例数が少ないインプラント歯科医は、コンスタントに治療を行っていないので、治療技術を上げにくい環境にいると言えます。反対に、年間100症例以上のインプラント歯科医であれば、高い治療技術を得られる環境にありますし、最新の治療技術にも対応していると言えます。 最新のインプラント治療で注目されているのは、歯茎を切開する事なく人工歯根を埋める治療法で、患者様の負担を大幅に軽減出来ます。他にも、顎の骨を増やす治療を行ってから人工歯根を埋め込む治療もあります。顎の骨が痩せているからインプラント治療が不可能と言われた方でも、この治療を受ければ人工歯根を取り付けられるのです。 これからインプラント治療を受けようと検討しているなら、年間症例数が多い歯科医を選んでみてはいかがでしょうか。