人工の歯を

デンタルインプラントというのは、事故や歯周病、虫歯などで歯を失った人が人工歯根を埋め込んでそこから義歯をはめ込むことによって、自分の歯を同じように噛んだりすることができるようになる治療のことです。 インプラントに使われる材質は、生体親和性が高く骨と結合しやすいことからチタン合金が使われます。その上にかぶせる義歯については、プラスチックでできたものやセラミックでできたもの、その二つをあわせたものなど様々な種類があります。セラミックでできたものは、高価ですが永続的に持つ白い歯を手に入れることができます。インプラントは、かぶせる義歯の材質などその種類ごとに健康保険がきくものとそうでないものなどがあります。

デンタルインプラントに類似するサービスとしては、取り外しのきく入れ歯や、周辺の歯と連結させるブリッジといった治療法があります。ブリッジや入れ歯は、インプラントのように局所麻酔や手術は必要ありませんし、骨が丈夫でなかったとしても行うことができますし、デンタルインプラントに比べて安価です。 入れ歯は、取り外しが可能である反面、毎日のケアが必要不可欠です。ブリッジについては、治療可能かどうかはなくなった歯の隣の歯の具合にもよるため、すべての人が治療できるわけではありません。デメリットとしては、デンタルインプラントのように一度治療をしたら永続的に持つものではありませんし、自分の歯と同じように噛むことができない場合もあります。